通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

フレーバー (素粒子)

辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・用語編 (NPARTY)
読み:フレーバー
品詞:名詞
2010/10/12 作成

クォークレプトンの種類。

元々は、クォークが発見された時に、アップダウンストレンジという三種類のクォークを区別するための量子数として発案された。

しかし程なくしてチャームボトムトップとクォークが発見された。これ以降、この語は量子数を表わすのではなく、単にクォークやレプトンの種類を表わすようになった。

現在、クォークとレプトンは共に6種類が確認されている。それぞれ、弱アイソスピンの対を形成する組み合わせがあり、これを世代という。一つの世代は2種類の素粒子の対となるので、3種類の世代が存在することになる。

関連する用語
クォーク
レプトン

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club