通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

チャームクォーク

辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・名称編 (NPARTN)
読み:チャームクォーク
外語:c: charm quark 英語
品詞:名詞
2006/07/01 作成
2011/04/13 更新

クォークのうち、バレンスクォークの一種。

発見

1974(昭和49)年に発見された。

この年に、チャームクォークと反チャームクォークからなるJ/ψ中間子が発見され、これによってチャームクォークが見いだされた。中間子がこのような変な名前になったのは、ほぼ同時期に別々に発見され、それぞれJ中間子、ψ中間子と命名されたことによるもので、両者の妥協案として両方足した名前になった。

反応

  • J/ψ中間子は、チャームクォークと反チャームクォークから構成される
  • D中間子は、チャームクォークと、反アップクォーク/反ダウンクォーク/反ストレンジクォークの何れかから構成される

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club