通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

フロン

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・溶媒溶剤編 (NSUBNS)
読み:フロン
外語:CFC: chlorofluorocarbon 英語 , klor/o/fluor/o/karbon/o エスペラント
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

炭素塩素弗素からなる化合物の一般名称。フロンは成層圏で太陽光を受け分解されるが、その塩素がオゾン分子を破壊し、オゾン層破壊の原因となっている。

エアコンや冷蔵庫などの冷媒、半導体などの洗浄剤、エアゾール製品の噴射剤、ウレタンフォームの発泡助剤などとして利用されており、フロンの利用が廃止された現在でも、製品として世に広く残っている。

フロン自体の毒性は弱いが、空気より遥かに重いため、密閉空間では下層から充満して酸欠を引き起こす。爆発等はしないが、フロンは無味無臭なので、気付きにくい。

フロンは複数の組成があるため、組成に応じたフロン番号を付けて呼ぶ。これは世界共通である。番号は2〜3桁で、順にC-1、H+1、Fである。頭が0の場合(Cが1個の時)は0を略す。なお、HFC系混合冷媒は400番台、共沸混合物は500番台、有機化合物は600番台、無機化合物は700番台という例外がある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club