通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ボツリヌス菌

辞書:科学用語の基礎知識 生物名・細菌/古細菌編 (BBNM)
読み:ボツリヌスきん
外語:Clostridium botulin 学名
品詞:名詞
2003/05/19 作成
2011/11/05 更新

ボツリヌス毒素を生成することで知られる細菌

分類

  • ドメイン: 真正細菌 Bacteria
  • 界: 真正細菌界 Bacteria
  • 亜界: ポジバクテリア亜界 Posibacteria
  • 門: フィルミクテス門(グラム陽性細菌門) Firmicutes
  • 綱: クロストリディウム綱 Clostridia
  • 目: クロストリディウム目 Clostridiales
  • 科: クロストリディウム科 Clostridiaceae
  • 属: クロストリディウム属 Clostridium
  • 種: ボツリヌス botulinum

真正細菌ドメインには真正細菌界しかないので、界は略されることが多い。

生態

芽胞を形成する偏性嫌気性菌で、グラム陽性桿菌

土壌中や、海、湖、川などの泥砂中に生息する。

幾つかの種類があり、現在は毒素の抗原性により、A型〜G型までに分類される。

偏性嫌気性菌であり、酸素がない環境でのみ生きる。

ソーセージやハムなどの環境が生息に適しており、これにより中毒になるケースが主である。

菌は熱に弱いので加熱処理されていれば概ね安心だが、さらなる安全性確保のため、食品添加物として亜硝酸ナトリウムを使用することでボツリヌス菌を滅菌している食品も多い。

用語の所属
グラム陽性桿菌
偏性嫌気性菌
関連する用語
ボツリヌストキシン

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club