通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ポルトランドセメント

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・鉱物編 (NSUBNM)
読み:ポルトランドセメント
外語:Portland cement 英語
品詞:名詞
2016/09/19 作成

コンクリートモルタルの素材として使われている、最も代表的なセメント

コンクリートの主要な材料であるポルトランドセメントは、次のような天然素材を混合し、製法にもよるが一般に1000℃以上で焼いて作られる。

つまり、地球の地殻より掘り出されるありふれた鉱物資源(簡単に言えば、掘り出した石)から作られている。

製造

ポルトランドセメントの材料である、石灰岩(石灰石)、珪砂(珪石)、粘土、鉄を混合し、乾燥させた後に焼成すると、化学反応により水硬性を有する鉱物へと変化する。この、セメント作りに使われる中間物質とも言える鉱物は「クリンカー」と呼ばれている。

この作られたクリンカーに石膏を混ぜつつ粉砕して、粉末状のセメントが製造される。

環境配慮

最近では、石炭火力発電所より出される廃棄物である石炭灰(フライアッシュ)を混合したセメントも広く使われている。

再生素材の利用によって、産業廃棄物の削減、採石量の削減などの自然環境問題に対応することが目的となっているほか、フライアッシュ混合のコンクリートは通常より高性能になるとされている。

アルカリ性

ポルトランドセメントは、と接すると水酸化カルシウムを生じるため、アルカリ性を示す。

野ざらしの鉄筋が錆びるのに対して鉄筋コンクリートが錆びないのは、この水酸化カルシウムによって鉄筋をpH12以上の強アルカリ性に保ち、鉄筋表面に耐食性を持つ酸化物の薄い膜(不動態皮膜)を作るためである。

強アルカリ性に保たれているうちは鉄筋コンクリートは安全であるが、経年劣化が存在する。この水酸化カルシウムが空気に触れ、空気中の二酸化炭素と共に炭酸カルシウムを生成してその量を減らしていくと、徐々にpHも下がり、コンクリートは中性化してゆく。こうなると不導体被膜は破壊され、鉄筋が錆び、錆びた鉄筋は膨張し、コンクリートのひび割れを発生させる。ひび割れから雨などの水分が流入すると更に錆びは進行し、やがてコンクリートは崩落することになる。

用語の所属
セメント
関連する用語
コンクリート
モルタル
接着剤

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club