通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

マイクロコード

辞書:科学用語の基礎知識 半導体用語編 (IYIC)
読み:マイクロ・コード
外語:micro code 英語
品詞:名詞
2005/02/16 作成
2014/11/23 更新

マイクロプロセッサー内部、特にCISCプロセッサーの内部で動作するプログラムコードのこと。

目次

マイクロプロセッサーが機械語コードを読み取り解読し、マイクロコードに翻訳し、そのマイクロコードに従って実際の動作を行なう。

複雑な機能をもった命令を提供するCISCにおいて、内部設計の基本となる。

マイクロコードで記述されたプログラムをマイクロプログラムという。

CISCなどを中心に、非常に複雑な命令を提供する命令セットアーキテクチャーが存在する。

こういったプロセッサーでは、機械語はプロセッサーが理解する最終形ではない。プロセッサー内では更に分割した単純な命令が用意されており、これをマイクロコードという。機械語はマイクロコードに翻訳され、実行されている。

プログラムを組む上で意識する必要はないが、最適化などをする場合に知識として必要になることがある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club