通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

マツ門

辞書:科学用語の基礎知識 生物名編 (BBN)
読み:まつ・もん
外語:Pinophyta 学名
品詞:名詞
2005/07/01 作成
2011/11/19 更新

裸子植物の一門で、松類が属する。球果植物門とも。

分類

下位分類

綱は置かない。1目のみ存在する。

  • マツ目 Pinales
    • マツ科 Pinaceae
    • コウヤマキ科 Sciadopityaceae
    • イヌマキ科 Podocarpaceae
    • フィロクラドゥス科 Phyllocladaceae
    • ナンヨウスギ科 Araucariaceae
    • イヌガヤ科 Cephalotaxaceae
    • ヒノキ科 Cupressaceae
    • イチイ科 Taxaceae

いわゆる針葉樹が属する門である。杉、松、檜などが針葉樹で、このように現生種は大木であるが、既に絶滅した種の中には中低木があったことも分かっている。

球果を形成するのが特徴。球果というのは、松の木の実である松毬、いわゆる松ぼっくりに代表されるもので、太く短い軸の周囲に多数の葉が螺旋状に取り巻き、その中に種子を持っている。

用語の所属
植物界
裸子植物

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club