通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ルナ

辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:ルナ
外語:Luna 英語
発音:lú:nə 英語
品詞:固有名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

旧ソビエト連邦の探査計画、およびその際に使われた探査機の名。1959(昭和34)年〜1976(昭和51)年までに計24機が打ち上げられた。

冷戦時代は、宇宙開発分野でも旧ソ連とアメリカは競争を行なっており、月に人類を送ると明言したアメリカの影で、密かに有人月探査の計画を進めていたようだ(当時は共産主義であったため、外への情報流出が極めて少なかった)。

無人に於いては、初めて月に達したのがルナ2号、初めて月の裏側を撮影したのがルナ3号、月面への軟着陸を初めて成功させたのはルナ9号と、先手を打っていたのは常に旧ソ連だったのだが、有人月探査をアメリカのアポロ11号に越されてしまったため、以降の有人探査の計画は断念し、その後は無人探査による月の岩石収集と、有人では宇宙ステーション開発の方面に重点を置くようになった。

Luna(ルナ)は、ローマ神話の月の女神ルナに由来する。これは、ギリシャ神話のSelene(セレーネ)に相当する。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club