通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ルナ16号

辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:ルナじゅうろくごう
外語:Luna 16 英語
品詞:固有名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

旧ソビエト連邦の探査機。1970(昭和45)年9月12日22:25:53(日本時間)(@601)に打ち上げられた。

無人で月面に着陸し、月の土を地球に持ち帰ることに成功した。

着陸した探査機は月面に降り立つための下降ステージと、再び地球に帰還するための上昇ステージの二段で構成されている。降下ステージは上昇ステージの発射台としての機能も兼ねている。上昇ステージには地球への再突入カプセルが格納されており、その中に密封ソイル試料コンテナーが入っている。降下ステージにはカメラ、放射・温度モニター、通信システム、月土壌を取得するためのドリル付きアームが搭載されていた。

月周回軌道には9月17日に投入され、重力場の観測を行なった。9月20日、月面での日没の60時間(2,500Beat)後に豊かの海に軟着陸した。初の夜間着陸だった。

着陸から26時間25分(1,100Beat)後、上昇ステージは101gの月土壌を載せて離陸、下降ステージはそのまま温度などのデータを測定し続けた。再突入カプセルは9月24日、カザフスタン領内に着地した。

関連するリンク
Luna 16
用語の所属
ルナ
16
関連する用語

豊かの海

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club