通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ルナ21号

辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:ルナにじゅういちごう
外語:Luna 21 英語
品詞:固有名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

旧ソビエト連邦の探査機。1973(昭和48)年1月8日15:55:38(日本時間)(@330)に打ち上げられた。

1月12日に月周回軌道に入り、1月15日に北緯25.85°、東経30.45°地点に軟着陸、ルナ17号に続く月面ローバー・ルノホート2号(Lunokhod 2)が降ろされた。

ルナ21号の目的は、月面写真の撮影、周辺光のレベル測定(月からの天文観測の可能性を調査する)、地球からのレーザーによる距離測定のためのプラットフォーム設置、太陽X線観測、局所的な磁場の計測、表面物質の物理的な性質の調査、であった。

ルノホート2号は夜間は放射性元素を用いた熱源で保温しながら4ヶ月間運用され、37kmを走行、86枚のパノラマ画像と8万枚以上のテレビ画像を送信した。6月4日に計画は完了したと報告された。

関連するリンク
Luna 21
関連する用語
ルナ

ルナ17号

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club