通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

不安障害

辞書:科学用語の基礎知識 医学・情報編 (BMEDI)
読み:ふあんしょうがい
品詞:名詞
2002/02/06 作成
2008/08/22 更新

科学用語の基礎知識・医学情報

自身の健康問題に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

パニック障害、対人恐怖症(あがり症)、不眠症、ノイローゼなどの症状の総称。正字では「不安障礙」だが、病名としては「不安障害」である。

原因は、中脳の縫線核で過剰量のセロトニンが産生されているためと考えられている。

そこで、部分アゴニストを投与し、過剰なセロトニンと競合させて縫線核の自己受容体と結合させる。この時、部分アゴニストはアンタゴニストとして作用する。

関連する疾病
パニック障害
火病
鬱病

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club