通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

冪乗

辞書:科学用語の基礎知識 算数・数学編 (NMATH)
読み:べきじょう
外語:power 英語 , exponentiation 英語
品詞:名詞
2008/02/03 作成
2008/07/14 更新

演算の一種で、ある同一の数値を、繰り返して掛け合わせること。及び、この計算で得られた値のこと。

ある数値をX、掛ける回数をnとすると、次のように表現できる。

Xn

このとき、Xを底(てい、基数、base)、nを指数(しすう、exponent)という。

例えば、X3であれば「X×X×X」と等価である。

分数・平方根

分数平方根平方根は、冪乗として表現することが出来る。分数は負数の冪乗、平方根は分数ないし小数の冪乗となる。

専門的な世界になると分数の利用は極端に減り、代わりに冪乗で表わされる。特に数学物理学の世界では、この傾向が強い。

  • 1/x = x−1
  • 1/xn = x−n
  • √x = x1/2
  • n√x = x1/n

電子計算機

プログラミングにおいても、冪乗はよく用いるものであるため、演算子が用意されることが多い。

しかし、C/C++/Pascalなどには、冪乗の演算子が存在しない。

C/C++の場合、math.hで定義されるdouble pow(double x, double y);関数などを使用する。他にfloat版のpowf、long double版のpowlがある。C/C++でうっかり^と書いてしまうと、排他的論理和演算になってしまうので注意。

Pascalでは、fpc(Free Pascal)の場合はUses math;と書くことで演算子**が利用可能で、またDelphiでは数学関数Mathユニット内にPower関数がある。

関連する用語
基数
指数 (冪)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club