通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

出産

辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:しゅっさん
外語:delivery 英語 , akuŝ/o エスペラント
品詞:さ変名詞
2004/07/21 作成
2008/08/20 更新

子供を産むこと。子供が産まれること。時に母体、子供は死ぬ。

出産は病気ではないが、失敗すれば母子ともに命の危険があるのは、今も昔も変わらない哺乳類の宿命である。

日本では近代医療の揃った病院で出産することが一般化したこともあり、母子のいずれかに問題がない限り、新生児の生存率はほぼ100%となった。

日本国の新生児生存率1000人中998人は、世界最高である。

産科の危機

しかしながら、日本では高齢出産により危険な出産は増加。

更に「モンスターペイシェント」(モンスター患者)が増えたため、日本の産科は崩壊寸前である。

特に、日本の産科壊滅を招いたのは、「福島県立大野病院産婦人科医逮捕事件」であった。

新生児と母体の危機

入院新生児の死亡原因のトップは先天性心疾患を含む先天畸形であり、原因の約6割を占める。次いで多いのが体重750gに満たない超未熟児で、原因の約2割である。

母体も死亡の危険はあり、特に危険なのが前置胎盤癒着胎盤である。後者は、まず助からない。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club