通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

半定量検査

辞書:科学用語の基礎知識 医学・用語編 (BMEDY)
読み:はんていりょう・けんさ
品詞:名詞
2015/01/28 作成

検体検査で、目的の物質の量について、正確な測定でなく、およその程度を調べること。

目次

量は調べるが、正確な量(mgやmlなどの単位)ではなく、およその量で表わす。

+/++/+++ や、希釈倍率などで表わされる。

一般的な抗核抗体の半定量検査は、血清を倍々で希釈し、何倍希釈したところまで陽性になるか、という方法を調べる。幾ら薄めても陽性になるということは、それだけ抗体の量が多いということになる。

従って、単位は「倍」である。

例えば抗核抗体の半定量検査の場合は40倍未満を陰性とするため、まず40倍で確認し、陽性になる場合は倍々で薄めて確認する。

つまり、40X、80X、160X、320X、640X、1280X、2560X、…のように検査されるのが一般的である。例えば、1280倍に薄めて陽性で2560倍に薄めてようやく陰性になった場合、結果は「1280倍以上」と表記される。

用語の所属
検体検査
関連する用語
定性検査
定量検査

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club