通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

抗体

辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:こうたい
外語:antibody 英語 , antikorp/o エスペラント
品詞:名詞
2001/08/02 作成
2015/09/18 更新

抗原と特異的に結合する蛋白質で、免疫の中で大きな役割を担っている。抗体は機能面からみた名称であり、物質としては免疫グロブリン(Ig: Immunoglobulin)とも呼ばれる。

血漿蛋白の電気泳動ではγ分画に泳動されるため、γグロブリンともいう。

血漿中の蛋白の多くは、アルブミンと、α/β/γの各グロブリンである。免疫反応前と免疫反応後で血漿蛋白の量を比較すると、γグロブリンだけが増えることが確認でき、もって抗体はγグロブリンであることが明らかとなった。

分類

B細胞や、B細胞から分化した形質細胞で作られる。

抗体は2本の重鎖と2本の軽鎖からなり、それぞれが抗原と結合する部分(可変部)と定常部に分かれる。つまり抗体一つに抗原2分子が結合する。

抗体は、重鎖の定常部の違いにより、γ鎖、μ鎖、α鎖、δ鎖、ε鎖に分けられ、それぞれIgG、IgM、IgA、IgD、IgEの5種類に分類できる。これは、ヒトをはじめとして、哺乳類の多くで共通する。

ヒト免疫グロブリン

  • IgG

    IgGは最も多い抗体で、全体の約70%を占め、2次免疫の主体をなす。

    胎盤を通過し、胎児・新生児の免疫反応を担う。

  • IgM

    IgMは5量体(IgGタイプの抗体が5つ連なったもの)で、全体の約10%を占め、1次免疫を司る。

    血液型抗体(抗A抗体、抗B抗体)。

  • IgA

    IgAは2量体(IgGタイプの抗体が2つ連なったもの)で、全体の約10%を占め、初期の免疫に関与する。

  • IgD

    IgDはB細胞表面にある。全体の1%未満である。

  • IgE

    IgEは即時型アレルギーに関与する。ごく微量しかない。

経口摂取

抗体は蛋白質であり大型の分子であるため、経口で摂取しても消化されてしまいそのままで吸収されることはない。従って、通常は注射や点滴により投与される。

母乳にも抗体は含まれるが、これを新生児が摂取しても新生児体内に移行することは無く、ゆえに免疫を獲得することはない。

用語の所属
AB
関連する用語
免疫
抗原

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club