通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

反レプトン

辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・名称編 (NPARTN)
読み:はんレプトン
外語:anti-lepton 英語
品詞:名詞
2021/02/03 作成

反物質の元となる素粒子の一種で、反クォークを持たない軽粒子のこと。

物質がレプトンを含んで作られるように、反物質は反レプトンを含んで作られる。

現在レプトンが6種類(2種類ずつ3世代)の存在が確認されているように、反レプトンも同じ種類が存在する。

全ての反レプトンは、レプトンと同様にフェルミ粒子でスピン量子数は1/2であり、フェルミ・ディラック統計に従う。パウリの排他原理が適用される。

世代と電荷

通常の電子、μ粒子、τ粒子の電荷は負だが、その反粒子の電荷は正である。

なお、ニュートリノは電荷を持たないため、それ自身が反粒子であるマヨラナ粒子である可能性(つまり、ニュートリノ=反ニュートリノ)が示唆されている。同一粒子なのか異なる粒子なのかは、現在でも未解決である。

用語の所属
反物質
素粒子
関連する用語
エキゾチック原子
レプトン

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club