通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

四倍精度

辞書:科学用語の基礎知識 算数・数学編 (NMATH)
読み:よんばいせいど
品詞:名詞
2013/03/13 作成
2021/01/09 更新

コンピューター内部における数値表現の方法の一つで、浮動小数点数の表現で用いられる。倍精度のさらに倍を意味する。倍々精度とも。

IEEE 754の数値表現においては、符号部1ビット、指数部15ビット(+16383のゲタをはかせるバイアス方式)、仮数部112ビット(基数2)の128ビット長である。但し後述するように仮数部は実質113ビットであり、有効桁数は10進数表現で33桁程度となる。

IEEE 754ではbinary128として定義されている。

仮数部

128ビットの中に収められる仮数部の長さは112ビットだが、実際にはこの精度は113ビットとされている。

これは、0/NaN/∞などを除いて、正規化により「1.」の部分を暗黙的に定義することでビット数を稼ぎ、都合113ビットとしているためである。この「1.」は、「暗黙の整数ビット」や「implicit」などと呼ばれている。

「1.」が存在するが、0は0で別途、指数部=仮数部=0の場合に0として定義されており、表現することが可能である。

プログラミング

C/C++では一般的な実装には存在しない。実装によっては、long double型が対応する可能性があるが、主流の処理系で実際に対応するものはない。GCC独自拡張で__float128型が存在する。

Javaには該当する型がない。Javaではjava.math.BigDecimalクラスが存在するが、四倍精度と対応するものではない。

用語の所属
数値表現
浮動小数点
関連する用語
倍精度
long double
__float128
IEEE 754

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club