通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

塩酸ホミノベン

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・一般薬編 (BPHARI)
読み:えんさんホミノベン
外語:Fominoben Hydrochloride 英語
品詞:名詞
2005/09/20 作成

科学用語の基礎知識・医薬品情報

自身の健康問題や、副作用への対応方法等に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

鎮咳剤。劇薬指定。

分子式C21H24ClN3O3·HCl、分子量438.35。融点約213℃(分解)。CAS番号24600-36-0。常温常圧では白色結晶または結晶性の粉末。無臭。

塩酸ホミノベン
塩酸ホミノベン

咳は、脳幹の延髄にある咳中枢が、喉や気管支からの刺激を受けて起こすものである。この作用を沈めることで咳を抑える。また気管支の分泌物を増やすことで痰を薄めて痰を吐き出しやすくする作用もある。

製品例にノレプタン(日本ベーリンガーインゲルハイム)がある。

適用
風邪薬
成分に含む主な製品
ノレプタン

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club