通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

風邪薬

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・用語編 (BPHAR)
読み:かぜぐすり
外語:medicine for cold 英語
品詞:名詞
2001/10/05 作成
2007/02/24 更新

風邪に効くといわれる

目次

単純に風邪といっても極めて奥の深いのが医学であって、万病の元と言われる風邪は難敵の一つである。

従って、本質的に「風邪を癒す薬」というものは、現在存在していない。

病院診療所、調剤薬局で貰える薬、一般の薬局で購入できる市販薬のいずれにおいても、風邪を癒す力はない。

解熱鎮痛消炎剤、鼻水・鼻づまり治療薬、咳・痰治療薬、腫れを抑える薬などが実際に使われるが、どれも風邪によって引き起こされる症状を和らげるためのもので、風邪という病気そのものを治療しているものではない。

つまり、風邪薬を飲んだからといって、風邪が早く治るというわけではないのである。

本当の風邪薬を作ったらノーベル賞確実と言われている程なので、その道の険しさは並大抵ではないと言える。

関連する用語
風邪

解熱鎮痛消炎剤
抗ヒスタミン剤

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club