通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

解熱鎮痛消炎剤

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・用語編 (BPHAR)
読み:げねつ・ちんつう・しょうえんざい
品詞:名詞
2002/02/26 作成
2016/04/20 更新

解熱、鎮痛、消炎作用を持った薬剤。風邪薬としても使われる薬剤の一分野。

日本標準商品分類番号における薬剤分類で、「114 解熱鎮痛消炎剤」として分類されている薬剤である。

  • 中分類87‐医薬品および関連製品
    • 1 神経系及び感覚器官用医薬品
      • 11 中枢神経系用薬
        • 114 解熱鎮痛消炎剤
          • 1141 アニリン系製剤 ; メフェナム酸、フルフェナム酸等
          • 1142 ベンジダミン製剤
          • 1143 サリチル酸系製剤 ; アスピリン等
          • 1144 ピラゾロン系製剤 ; アンチピリン、スルピリン等
          • 1145 インドメタシン製剤
          • 1146 ピラビタール系類複合体製剤
          • 1147 フェニル酢酸系製剤
          • 1148 塩基性消炎鎮痛剤
          • 1149 その他の解熱鎮痛消炎剤
        • 119 その他の中枢神経系用薬

熱を下げ、炎症を抑え、頭痛や筋肉痛・関節痛・神経痛など様々な痛みを緩和させる働きがある。

三種類の目的のうちどの効果が強いか弱いか等により、「鎮痛剤」や「解熱鎮痛剤」など、様々な呼び分け、表記揺れが存在する。

なお、神経障害性疼痛などに使われるファイザーのリリカ(一般名プレガバリン)は、使用目的は鎮痛剤であるが「119 その他の中枢神経系用薬」の分類である。

段階

目的に応じて様々な種類があるが、その殆どはNSAIDs(非ステロイド系抗炎症剤)と呼ばれるものである。NSAIDsが効きにくい神経痛などには、他の種類の鎮痛剤が使われることもある。

がんの痛みに対しては「WHO方式がん疼痛治療法」という指針があり、痛みの強さに応じて3段階が設定されている。

  • 第1段階(軽い痛み) ‐ NSAIDs(非ステロイド系抗炎症剤)
  • 第2段階(中等度の痛み) ‐ 弱オピオイド (コデインなど)
  • 第3段階(強度の痛み) ‐ 強オピオイド (モルヒネなど)

NSAIDsとオピオイドは作用機序が異なるため、併用することもある。

種類

主要なものは次の通り(順不同)。NSAIDsの詳細についてはNSAIDsの項を参照のこと。

用語の所属
風邪薬
関連する用語
NSAIDs
ピリン系
非ピリン系

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club