通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

フェナセチン

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・一般薬編 (BPHARI)
読み:フェナセチン
外語:phenacetin 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

科学用語の基礎知識・医薬品情報

自身の健康問題や、副作用への対応方法等に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

アニリン系解熱鎮痛消炎剤非ピリン系。化学名4-Acetophenetidide。4-アセトフェネチジド。

CH3CONHC6H4OC2H5分子量179.22。融点134〜135。CAS番号62-44-2。

セデスG(塩野義製薬)とサリドン錠(日本ロシュ)でフェナセチン製剤の9割を占めるが、現在は双方共に供給が停止されている。

長期間濫用すると重篤な腎障害などを引き起こす腎毒性が知られており、使用上の注意には必ずその旨が記載されていた。しかし濫用が減らないことを受け、2001(平成13)年4月19日に厚生労働省が供給停止を指導した

なお、市販のセデスやサリドンAなどは、フェナセチンの代わりにアセトアミノフェンが使われている。

用語の所属
解熱鎮痛消炎剤
非ピリン系

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club