通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

非ピリン系

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・用語編 (BPHAR)
読み:ひ・ぴりんけい
品詞:名詞
2002/02/26 作成
2009/03/22 更新

解熱鎮痛消炎剤の一分類。化学構造中にピラゾロン骨格を持たないもの。

目次

ピラゾロン骨格を持つピリン系に対し、この骨格を持たないものを非ピリン系という。

但し、他の分類が可能なものはその分類で呼ばれるため、非ピリン系として分類されるものは、それほど多くはない。

主なものは、次の通り。

アセトアミノフェンは、COX-3選択性があるとされている。

このほか、他の分類に含まれている広義の非ピリン系に、次のようなものがある。

用語の所属
解熱鎮痛消炎剤
NSAIDs
関連する用語
ピリン系

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club