通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

エテンザミド

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・一般薬編 (BPHARI)
読み:エテンザミド
外語:Ethenzamide 英語
品詞:名詞
2005/05/02 更新

科学用語の基礎知識・医薬品情報

自身の健康問題や、副作用への対応方法等に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

非ピリン系解熱鎮痛消炎剤

分子式C9H11NO2分子量165.19。CAS番号938-73-8。化学名2-Ethoxybenzamide。

エテンザミド
エテンザミド

サリチル酸誘導体と同様の機序で解熱鎮痛作用を発現し、アスピリンと同様の作用を持つ。アスピリンが体内で加水分解されサリチル酸となり胃粘膜障害を起こすのに対し、エテンザミドはサリチル酸にはならないため、アスピリンよりも胃腸障害の副作用は少ないとされている。

用語の所属
解熱鎮痛消炎剤
非ピリン系

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club