通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

太陽同期準回帰軌道

辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:たいようどうき・じゅんかいききどう
外語:SSO: Sun-synchronous Sub-recurrent Orbit 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

太陽同期軌道準回帰軌道を組み合わせた軌道のこと。SSOともいう。

地球表面に対する太陽の角度が同じという太陽同期軌道の特性に加え、定期的に同じ地域の観測を行なう準回帰軌道の特性がある。

つまり、一定周期ごとに同一地表面上空に戻る(準回帰軌道)が、その時は常に前回と同じ時間帯に通過(太陽同期軌道)する。

例えば日本の衛星では、海洋観測衛星もも1号(MOS-1)で、約103分周期で地球をまわり、17日間隔で同じ地域の上空をほぼ同じ時間帯に通過(これを回帰日数という)する。

関連する用語
太陽同期軌道
準回帰軌道

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club