通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

官能基

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質構造編 (NSUBYS)
読み:かんのうき
外語:functional group 英語
品詞:名詞
2001/03/30 作成
2013/07/23 更新

反応性の高い、似た原子の集まりのこと。

物質は無数に存在し、知られる有機物だけでも300万を超えるとされる。

そのような多種多様な物質も、反応性によって分類が可能である。そして、おのおの共通の反応性を示す原因となる原子団や結合様式を、官能基という。

例えば、エタノールブタノールは両方とも水酸基(-OH)という官能基を持っているが、これらはそれぞれエタンとブタンの水素1個を水酸基に置き換えたものに相当する。

特性基

エステル結合に着目すると、「R‐C(=O)‐O‐R'」という構造である。

この時、途中の「=O」や「‐O‐」は、官能基を構成し、かつ特徴づける構造であるが、このような構造一つ一つを「特性基」という。

主要な官能基

官能基は多種多様に存在するが、良く見られる官能基に、次のようなものがある(順不同)。

用語の所属

関連する用語
置換基
オルト
メタ
パラ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club