通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

対消滅

辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・用語編 (NPARTY)
読み:ついしょうめつ
外語:annihilation 英語
品詞:さ変名詞
2002/02/15 作成
2011/06/07 更新

粒子と反粒子が衝突した時に起こる現象。この逆は対生成

目次

粒子と反粒子(物質反物質)が衝突すると、互いは物質ではなくなる。特殊相対性理論の公式E=mc2に基づいて、元の質量(m)は全てがエネルギー(E)(光)へと変わる。これを対消滅という。

互いに静止する粒子と反粒子の対消滅は、2・mc2のエネルギーが残される事になる。高エネルギーに加速されていた場合は、より高いエネルギーが残される事になる。

電子とその反粒子である陽電子の衝突を例とする。

電子ならびに陽電子の静止エネルギーは511keVだが、対消滅後は互いの運動エネルギーの和に相当するエネルギー1,022keVが光子として放出される。

反応式
e+e+→2γ (γ=光子)
エネルギー
mec2+mec2→2hν

対消滅で2個の光子が発生するが、エネルギーが均等に分配される場合、光子1個のエネルギーはmec2に等しい(meは加速された時の質量)。

実際には、対消滅時にはニュートリノなどが放出され、ニュートリノなどにエネルギーを奪われるため、これより若干光子のエネルギーは減ると考えられる。

また、光子はγ線として観測される。

関連する用語
物質
反物質
エネルギー
対生成

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club