通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

常温核融合

辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・用語編 (NPARTY)
読み:じょうおんかくゆうごう
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

常温で行なう核融合のこと。

それまでは(今でもだが)、核融合は高温高圧環境でしかできなかった。しかし、1998(平成10)年3月24日、アメリカ合衆国で二人の化学者、マーチン・フライシュマンとスタンレー・ボンズが「電気分解により核融合を起こした」と発表したことから、常温核融合を研究する時代が始まったのである。

この発表では、パラジウム白金を電極にして重水中で電気分解を行なって、大量の熱、トリチウム、ガンマ線を検出し、核融合が確認されたという。

現在では、重水素2分子を融合させてヘリウム4を作りエネルギーを取り出すという研究を行なっているが、実用化はまだまだ先のようである。

関連する用語
核融合

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club