通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

日和見感染

辞書:科学用語の基礎知識 医学・用語編 (BMEDY)
読み:ひよりみかんせん
品詞:さ変名詞
2002/05/24 作成
2009/11/11 更新

科学用語の基礎知識・医学情報

自身の健康問題に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

体力や免疫力に問題がない場合には病気を起こすことのないような病原体(微生物ウイルス)が、体力や免疫力の弱まった人に感染して病気を起こすこと。

目次

例えば病院で起こりうる院内感染がある。

入院患者はえてして体力や免疫力の弱まった人が多いため、日和見感染が多いのである。

この名称の語源は、旅人が日和を見て、晴れなら出発し、雨なら宿で雨宿りと決めたとする。これを病原体に当てはめ、感染した人の体力や免疫力に問題のなければ黙っていて、弱まった時に発病するところから命名された。

つまり、日和見感染という呼称は実はおかしい。なぜなら、発病は日和を見ているものの、感染自体は日和に関係なくしてしまうからである。

関連する用語
微生物
ウイルス

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club