通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

歩合

辞書:科学用語の基礎知識 科学編 (NSCI)
読み:ぶあい
品詞:名詞
2009/07/22 作成

他の数量に対するある数量の割合

割合のうち、特に小数で表現したものを歩合という。

日本では小数の表現方法として古来から三割三分三厘のような表現を用いており、これを歩合というが、現在は%を使う百分率も歩合という。

古典的な単位として、次のようなものを用いる。

  • 割 ‐ わり (1/10)
  • 分 ‐ ぶ (1/102)
  • 厘 ‐ りん (1/103)
  • 毛 ‐ もう (1/104)

本来、分は1/10、厘は1/102、毛は1/103を表わす単位接頭語であるが、何割何分何厘何毛という表現をする場合は、割を1/10とし、以降は一桁ずつずらす。

関連する用語
割合

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club