通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

死兆星

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:しちょうせい
品詞:固有名詞
2014/04/09 作成

まんが「北斗の拳」などに登場する、北斗七星に寄り添って見えるとする星。

「天を見よ!!」「見えるはずだ あの死兆星が!!」

北斗の拳では、死兆星を見た者はその年の内に死を迎えるとしており、自分の死期を悟るための星として描かれている。

この死兆星は作中では柄杓の器側から6番目の星つまり「ミザール」に寄り添って描かれているが、これは4等星の星「アルコル」として実在している。4等星なので都会で見るのは困難だが、空の暗い田舎では肉眼で見ることが可能。

用語の所属
おおぐま座
北斗七星
関連する用語
ミザール

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club