通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

活動銀河核

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:かつどうぎんがかく
外語:AGN: active galactic nucleus 英語
品詞:名詞
2014/05/22 作成
2020/08/28 更新

銀河核(銀河中心)の中でも、特に活動的で莫大なエネルギーを放出しているもの。活動銀河中心核、あるいは「AGN」とも。

宇宙には無数の銀河があり、一説では1000億個程度もあるとされる。このため、銀河ごとにその性質は多種多様である。

銀河の中には、太陽が放出するエネルギーの百億倍〜百兆倍にもなる莫大なエネルギーを放出しているものがあり、銀河核の中でもごく狭い領域のみが極めて明るく輝いていたり、あるいは亜光速のジェットを噴出したりするものがある。

このような激しい活動をする銀河核(活動銀河の中心部)を、活動銀河核(AGN)と呼んでいる。

用語の所属
銀河核
活動銀河
関連する用語
電波銀河

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club