通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

銀河核

辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:ぎんがかく
品詞:名詞
2014/05/22 作成
2014/05/23 更新

銀河の中心部のこと。銀河中心

銀河系であれば、いて座の方向におよそ8kpc(約2万6千光年)の距離にある。ここには強力な電波X線が放射されてる電波源があり、この電波源は総じて「いて座A」と呼ばれている。

いて座Aは周辺にある星間ガスやチリの影響で可視光などでの観測ができないが、γ線や赤外線、電波などでは観測が可能である。

中でもいて座A*という電波源は、銀河系の中心をなすブラックホールであると考えられている。

用語の所属
銀河
関連する用語
活動銀河核
銀河中心

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club