通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

液化石油ガス

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質用語編 (NSUBY)
読み:えきかせきゆガス
外語:LPG: Liquefied petroleum gas 英語
品詞:名詞
2011/06/17 作成

化石燃料である炭化水素のうち、プロパンブタンを主成分に含む燃料ガスであり、高圧にして液化させたもの。「プロパンガス」「LPガス」とも呼ばれ、ボンベに入れられて供給される。

プロパンもブタンも常温常圧では気体だが、圧縮することで容易に液化するため、ボンベに積めて供給するのに適している。

「液化石油ガス」という分かりにくい名前を持っているが、全てが石油を加工して作るわけではない。

プロパンやブタンは、ガス田、あるいは油田から石油の副産物として得られ、不純物を除去したあと圧縮したものが、いわゆる液化石油ガスとして供給される。

用途

様々な用途があるが、うち、日常的な用途は次のとおりである。

  • 家庭用ガスとしてボンベで供給

    台所、風呂、室内の暖房など、様々なに使われる。

  • カセットコンロのボンベ

    主成分はブタン

  • LPガス自動車の燃料

    法人タクシーなどで採用されている。

用語の所属
LP
関連する用語
液化天然ガス

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club