通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

減数分裂

辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:げんすうぶんれつ
外語:meiosis 英語 , mejoz/o エスペラント
品詞:名詞
2001/05/15 作成
2009/09/01 更新

通常の細胞(二倍体)から、染色体数が半分の細胞(半数体)へと分裂する分裂方式のこと。生殖細胞が、このような特殊な分裂を行なう。

減数分裂は第一分裂と第二分裂からなり、2回の分裂で、1個の二倍体から4個の半数体が生じる。

第一分裂は通常の体細胞分裂と同様に、DNAの複製を行ない染色体の数を倍にする。

但し、その後の挙動が体細胞分裂とは異なる。

第一分裂

まず生物の細胞の染色体は、父方と母方双方から貰ったものであるが、そのまま単純に分けた場合、単純に父や母から貰った半数体と全く同じものを再び生殖細胞として使うことになる。しかし、これでは生物が有性生殖を始めた意味がない。

減数分裂では、DNAの複製・分裂終了後、相同染色体同士は互いに融合し、その染色体間で交叉し遺伝子の交換を行なう。ここで、その個体の父親と母親の特性が融合した、新しい遺伝子が誕生する。

その後、対になる相同染色体は分離し、反対の極へと移動、第一分裂が終了する。ここで二つの細胞が出来るが、第一分裂で生じた細胞は二倍体と同じ数の染色体を持っている。

第二分裂

続いて第二分裂を行なうが、第二分裂では染色体の複製は行なわない。

再び染色体が紡錘体上に並び、姉妹染色体が分離して両極に分かれる。こうして、第一分裂で出来た細胞1個から半数体の細胞が2個、もともとの生殖細胞1個から数えて合計4個の半数体細胞が生じる。

関連する用語
染色体
精子
卵子

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club