通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

熱電対

辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:ねつでんつい
品詞:名詞
2000/09/05 作成
2014/08/21 更新

ゼーベック効果による温度センサーあるいは発電機

二種類の金属を接合すると温度差に応じた電圧が生じる。これをゼーベック効果といい、この効果を利用したのが熱電対である。

銅‐コンスタンタン、クロメル‐アルメル、白金‐白金ロジウムなどの組み合わせがあり、熱電対列、熱電温度計に用いられる。

惑星探査機などでは、放射性物質を熱源とし、熱電対で発電する原子力電池が使われている。

用語の所属
温度センサー
関連する用語
ゼーベック効果
原子力電池
ペルチェ素子

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club