通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

痛覚

辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:つうかく
外語:sense of pain 英語
品詞:名詞
2005/09/14 作成
2014/12/11 更新

主に皮膚や粘膜などで、痛い、と感じる感覚

目次

皮膚で感じる痛覚は、痛みとなる。

における痛覚のうちヒリヒリ感は、辛味として感じる。つまり「辛さ」は味ではなく痛みである。

痛覚は痛覚を感じるための侵害受容器が外来からの侵害刺激を感受し、それが末梢神経、次いで中枢神経へ渡され、中脳大脳脚の網様体を経て視床に入り、そして大脳皮質知覚野へと達する事で痛覚となる。

この痛みには二種類があり、損傷時にすぐに鋭い痛みを感じ、かつ痛みを感じた部位が(完全ではないが)識別可能な一次疼痛と、損傷から遅れて鈍痛を感じ、かつ痛みを感じた部位を識別しにくい二次疼痛がある。

用語の所属
感覚
関連する用語
痛い
一次疼痛
二次疼痛
侵害受容器
辛味

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club