通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

大脳皮質

辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:だいのう・ひしつ
外語:cerebral cortex 英語 , korteks/o エスペラント
品詞:名詞
2002/01/11 作成
2008/11/05 更新

大脳の表面部分にある部位で、その名の通り「大脳の皮」。大脳白灰質ともいう。内部は神経繊維の束が配線されており、神経系の最高中枢である。

ヒトの大脳皮質の神経細胞数は、一説では140億とされる。厚さは2mm〜5mm程度で、霊長類、とりわけヒトで著しく発達し、ヒトでは次の六層構造を持つ。

  1. 分子層
  2. 外顆粒細胞層
  3. 外錐体細胞層
  4. 内顆粒細胞層
  5. 内錐体細胞層(神経節細胞層)
  6. 多形細胞層

場所

大脳皮質は、場所により機能が明確に分けられており、特定の機能は特定の場所だけで行なわれるという特徴がある。

大脳の外側部分だけでも部位ごとに、次のように名前が付けられている。

  • 前頭葉 (上前頭回・中前頭回・下前頭回・中心前回)
  • 頭頂葉 (中心後回・上頭頂小葉・下頭頂小葉・縁上回・角回)
  • 後頭葉側頭葉 (上側頭回・中側頭回・下側頭回)

大脳皮質外側面
大脳皮質外側面

右脳と左脳の間にある谷間面(内側)では、海馬傍回・内側後頭側頭回・外側後頭側頭回などがあり、その他は大脳辺縁系である。

ブロードマン

1909(明治42)年、大脳皮質の細胞構築学的研究をしたブロードマン(Brodmann)によりヒトの大脳皮質は52の分野に区分された。

そして、各皮質野に番号を付けた地図が作成された。

機能

大脳皮質の機能は、大きく次の三つである。

  • 感覚野 ‐ 感覚入力を処理する
  • 運動野 ‐ 随時運動の中枢で運動の発現と調節を司る
  • 連合野 ‐ それ以外の統合的な機能を持つ

進化

大脳皮質は発生学的に次のように分けられる。

魚類から嗅覚に関わる大脳旧皮質が現われ、両生類で大脳古皮質が加わる。この大脳旧皮質と大脳古皮質をあわせて辺縁皮質という。

そして扁桃体海馬帯状回などと共に大脳辺縁系を構成し、情動や欲求、本能そして自律系の機能を受け持っている。

また、哺乳類になってから大脳新皮質が新たに出現し、本能に加えて知能をも獲得した。

新旧

人間は大脳新皮質が大脳のほぼ全表面を覆っており、大脳旧皮質や大脳古皮質は大脳の深い所に押しやられ、例えば大脳半球の内側底面に僅かに残る程度となっている。

但し、人間でも記憶の固定に関わる側頭葉の海馬や嗅覚路にある前梨状皮質は大脳古皮質である。

用語の所属

大脳
関連する用語
連合繊維
交連繊維
大脳髄質
大脳辺縁系

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club