通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

大脳旧皮質

辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:だいのう・きゅう・ひしつ
品詞:名詞
2002/01/11 作成
2009/08/18 更新

大脳皮質のうち、魚類進化した際にできた構造。大脳皮質の中では最も古い構造である。

古いに新しい脳を後付けすることで生物は進化しているので、人間にもこの構造は存在する。一つ外側にある大脳古皮質と共に大脳辺縁系の一部を構成し、情動や欲求、本能、そして自律系の機能を受け持っている。

ヒトの大脳新皮質は六層あるが、大脳辺縁系の大脳旧皮質と大脳古皮質は六層あっても構造が違ったり、あるいは三層程度しかない部分もある。

用語の所属

大脳
大脳皮質
大脳辺縁系
関連する用語
大脳古皮質
大脳新皮質

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club