通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

大脳新皮質

辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:だいのう・しん・ひしつ
外語:neocortex 英語
品詞:名詞
2002/01/11 作成
2009/08/18 更新

大脳皮質のうち、哺乳類進化した際にできた構造。大脳皮質の最も新しい構造である。

目次

哺乳類のは、両生類などが持つ脳の表面に、より新しい構造を追加して階層構造にしたものである。

このうち、哺乳類が獲得した最も新しい構造を大脳新皮質という。

人間は大脳新皮質が特に発達しており、大脳表面のほぼ全域に存在する。これにより、現在の人間の持つ知能が実現されている。ヒトにおいて大脳皮質と言った場合は、大脳新皮質を指す。

ヒトの大脳新皮質の厚さは2mm程度である。

用語の所属

大脳
大脳皮質
関連する用語
大脳旧皮質
大脳古皮質

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club