通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

空気亜鉛電池

辞書:科学用語の基礎知識 電子部品電池編 (NELECB)
読み:くうき・あえん・でんち
品詞:名詞
2004/07/13 作成
2009/08/02 更新

ボタン電池の一つ。

用途

小型ながら大容量、かつ放電中は平坦で安定した作動電圧である。

この特徴から、補聴器やポケットベルなどに使われている。

物質と注意点

そもそも、一般的な電池内の充填物質の大半は負極の亜鉛が占めている。

空気亜鉛電池の場合は正極の物質が電池内に不要となるため、その分亜鉛を多く詰め込むことが可能となり、もって通常の電池と比べ2〜3倍程度の高容量を有する画期的な電池となる。

但し、電池のシールをひとたび剥がすと、電池内では化学反応が随時進行するので、仮にそのまま使わなくとも電池は消耗してゆくので注意。

用語の所属
化学電池
一次電池
ボタン電池
PR
関連する用語
酸素
亜鉛

空気

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club