通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

窒素酸化物

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質用語編 (NSUBY)
読み:ちっそ・さんかぶつ
品詞:名詞
2015/04/19 作成

窒素酸化物の総称。NOxとも書かれる。

目次

様々な化合物があるが、窒素酸化物という呼称はよく環境分野で使われており、特に大気汚染物質として名が挙がる。

  • 一酸化窒素 (NO)
  • 一酸化二窒素/亜酸化窒素 (N2O)
  • 二酸化窒素 (NO2)
  • 三酸化二窒素/無水亜硝酸 (N2O3)
  • 四酸化二窒素 (N2O4)
  • 五酸化二窒素/無水硝酸 (N2O5)
  • 硝酸 (HNO3)

窒素酸化物は、石油などの化石燃料が燃焼する際に、含有する窒素(N)と空気中の酸素(O)が結合して生じる。

工場や乗用車など、燃料を用いる過程では必ず発生するが、発生してすぐは多くが一酸化窒素(NO)である。これが大気中で酸化して二酸化窒素(NO2)となるため、大気中では一酸化窒素(NO)と二酸化窒素(NO2)が多い。

用語の所属
酸化物
窒素化合物
関連する用語
窒素

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club