通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

論理和

辞書:科学用語の基礎知識 算数・数学編 (NMATH)
読み:ろんりわ
外語:OR 英語 , logical or 英語
品詞:名詞
1999/01/12 作成
2007/02/17 更新

論理演算における加算演算のこと。排他的論理和と特に区別して「包含的論理和」という場合もある。

二項演算であり、入力された論理のどちらか一方でも真値(true)なら真値が出力され、さもなくば(false)が出力される。

論理和
論理和

論理回路

二つの入力は、逆流しないように正方向のダイオードを介して接続する。これを二つに分けて、片方をプルダウンし、もう片方を出力とする。

等価回路
等価回路

入力AとBが共にローレベル(0V)である時、ダイオードには電流が流れない。出力は抵抗を介してGNDと結ばれるためローレベルとなり、これは偽(false)である。

入力A・Bの一方がハイレベル(5V)である時、ダイオードを介して出力に電流が流れるため、出力はハイレベルとなり、これは真値(true)である。

入力AとBが共にハイレベル(5V)である時も同様で、出力はハイレベルとなり、これは真値(true)である。

数学や論理学(述語論理)では、一般に演算子に∨を使う(例: A∨B)。

回路設計では演算子に一般の加算記号と同じく+を使うことが多い(例: A+B)。

ビット演算

プログラムで記述する場合、CC++Javaでは「x = a | b」のように、BASICでは「X = A Or B」のように使う。

用語の所属
論理演算
OR
関連する演算
否定論理和
論理積
否定論理積
排他的論理和

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club