通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

否定論理和

辞書:科学用語の基礎知識 算数・数学編 (NMATH)
読み:ひてい・ろんりわ
外語:NOR: NOT OR 英語 , logical not or 英語
品詞:名詞
2000/07/05 作成
2007/02/17 更新

論理演算のひとつで論理和(OR)の結果を論理否定(NOT)したもの。

二項演算であり、入力された論理のどちらか一方でも(true)なら(false)が出力され、さもなくば真が出力される。

否定論理和
否定論理和

論理回路

OR回路にNOT回路を繋げたものである。

等価回路
等価回路

すなわち、A ∨ B、つまり「X = NOT (A OR B)」と等価の演算である。

論理記号は縦棒に∨(↓)や、論理和記号∨に上線(⊽)が使われる。

数式に書く場合は、論理和に該当する上に横線を引いて表現することも多い。

ビット演算

プログラミング言語で、否定論理和の演算子などを用意しているものは、知られていない。

CC++JavaBASICのいずれにおいても、必要な場合には、論理和を求めた後、論理否定をして求める必要がある。

ソフトウェアでこの演算を用いることは殆どないが、回路設計においては否定論理積(NAND)と共に、よく使われる論理演算となっている。

用語の所属
論理演算
関連する演算
論理和
論理積
論理否定

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club