通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

赤色巨星

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:せきしょくきょせい
外語:red giant 英語
品詞:名詞
2003/07/02 作成
2009/12/13 更新

主系列星を終えた恒星の次の段階。膨張し、表面温度の低下した恒星のこと。老いて死が迫った恒星と考えられている。

HR図の右中央に属し、主系列から離れかけている恒星である。

恒星が老いると膨張を初め(後述)て表面温度が低下する。かくして、HR図上では右の方向に移動することになる。

分類

光度階級ではⅡまたはⅢとなる。Ⅱのものは赤色輝巨星と呼ばれる。

スペクトル型はM型が多いが、一部にはK型(のうちの低温のもの)もある。

進化

恒星が若い頃は、水素核融合をエネルギー源としヘリウムを作る。

やがて中心核の水素が消費し尽くされヘリウムだけとなるが、しかし中心核のヘリウムはまだ核融合を起こさない。そこで、代わりに中心核の周辺にある水素が核融合を始める。こうなると中心核と外層のバランスが崩れ、重力に膨張する力が勝りはじめて恒星は膨張を始める。

一方の中心核は自身の重力で収縮を続け、やがてヘリウムの核融合や、その他の元素の核融合などが起こる。しかしこれらは長くは続かず、重力と膨張力のバランスが崩れ、大気は膨張する。こうして、恒星は赤色巨星となる。

太陽も、約77億年後には赤色巨星となり、地球軌道付近まで膨張すると考えられている。

用語の所属
天体
恒星
関連する用語
赤色超巨星
HR図
核融合
青色巨星
主系列星

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club