通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

超酸

辞書:科学用語の基礎知識 化学編 (NCHEM)
読み:ちょうさん
外語:superacid 英語
品詞:名詞
2001/11/29 作成
2007/07/30 更新

一般に極めて強いとして知られる濃硝酸濃硫酸よりも106倍以上強い酸のこと。

超酸は、電離度が極めて大きな酸で、電離度が限りなく1に近いものである。

いかに強い酸でも、水中ではH2O→H3O+となるだけなので、超酸は必然的に非水溶媒系である。

超酸の超酸性(superacidity)を測定するためには、ハメットの酸性度関数が使われる。

種類

良く知られている超酸として、次のようなものがある。

また、FSO3HにSbF5を10mol%加えるとH0=−19程度まで増加し、これはマジック酸(magic acid)として知られている。

性質

プロトン供与能が極めて高い。

超酸中でC6H5F+superacid→C6H6F+や、CH4+superacid→CH5+などの化学種が確認された。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club