通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

造血幹細胞

辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:ぞうけつ・かんさいぼう
品詞:名詞
2001/08/02 作成
2008/09/07 更新

血液の細胞成分の元となる幹細胞

血液中の細胞骨髄で作られるが、その細胞の元となるのが多能性造血幹細胞である。

造血幹細胞は自己再生能力があり、細胞が枯渇しないように自分と同じものを作ることができる。増殖しながら数を保ちつつ、その一部が白血球赤血球血小板などに姿を変える。

造血幹細胞は骨髄中に多く含まれるが、他に臍帯血(へその緒の中の血液)にも含まれている。

用語の所属
細胞
幹細胞
関連する用語
血液
白血球
赤血球
血小板

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club