通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

幹細胞

辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:かんさいぼう
外語:stem cell 英語
品詞:名詞
2008/09/07 作成
2008/09/08 更新

身体の様々な細胞に分化(変化)する能力を持ち、かつ自身を未分化のままで複製することができる細胞。

生物の発生において、細胞系譜の「幹」になるということで、幹細胞と名づけられた。

卵子受精し分裂をはじめた直後は、全ての細胞が幹細胞である。やがて、それぞれの幹細胞は特定の細胞に分化し、体を作ってゆくことになる。

成体幹細胞

成体でも幹細胞は残されており、これを成体幹細胞という。

例えば骨髄にあり赤血球白血球血小板などに姿を変える造血幹細胞肝臓にある肝幹細胞などが代表的である。

他にも、目の角膜や網膜、皮膚心臓などでも見つかっている。

白血病の治療として行なわれる骨髄移植は、骨髄幹細胞(造血幹細胞)を移植するものであり、この幹細胞は移植後、他の細胞へと分化をする。

他人の幹細胞の場合、免疫的な拒絶反応が避けられないが、近年では、骨髄中の間葉系幹細胞は骨髄細胞以外に筋肉細胞や骨細胞などに分化可能であることが分かり、拒絶反応の起こらない治療に向けた研究が進められている。

研究中の幹細胞

幹細胞は身体の様々な臓器になることが可能である。そこで、これを再生治療の切り札として用いるための研究が、世界各国で行なわれている。

現在は、次の二種類が研究されている。

用語の所属
細胞
関連する用語
胚性幹細胞
人工多能性幹細胞

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club