通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

銀杏

辞書:科学用語の基礎知識 生物名・植物編 (BBNP)
読み:ギンナン
外語:ginkgo nut 英語
品詞:名詞
2005/08/19 作成
2011/11/23 更新

イチョウ科の落葉高木であるイチョウの木の種子。

目次

種子は硬い殻があるが、それを割った中にある仁が食用となる。

また熟した銀杏は酪酸やエナント酸(ヘプタン酸)を含み、悪臭を放つことで知られる。

仁は加熱調理すると黄緑色となり、焼き銀杏や、茶碗蒸し・土瓶蒸しなどの日本料理によく使われる。

但し、銀杏にはビタミンB6の神経への作用を妨げる成分である神経毒ギンコトキシン(4'-MPN)が含まれることが知られており、食べ過ぎは危険である。

関連する用語
イチョウ
ビタミンB6

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club