通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

酪酸

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・脂肪酸編 (NSUBNAF)
読み:らくさん
外語:butyric acid 英語 , 丁酸 支那語(大陸・台湾)
品詞:名詞
2001/03/31 作成
2007/02/20 更新

有機酸(カルボン酸)の一つで、炭素数4の飽和脂肪酸の一つ。飽和脂肪族モノカルボン酸。別名ブタン酸。中程度の強酸

酪酸には直鎖のノルマル酪酸(n-酪酸)と、枝分かれしたイソ酪酸があり、単に酪酸と言った場合にはノルマル酪酸を指す。

  • 組成式: C4H8O2
  • 構造式: CH3(CH2)2COOH
  • 分子量: 88.11
  • 比重: 0.96 (水=1)
  • 融点: −7.9℃
  • 沸点: 164℃
  • CAS番号: 107-92-6
  • ICSC番号: 1334
  • 化学名: 1-Propanecarboxylic acid

酪酸
酪酸

常温常圧では無色で特徴的な臭気のある油状液体。

誘導体、関連物質の例

汗が酸っぱい悪臭を持つことがあるが、これは汗の成分が微生物分解されて生成する酪酸によることが多い。

安全性

中程度の強酸である。

塩基、強酸化剤と反応する。多くの金属を侵す。

危険性

  • 引火点: 72℃(密閉式)
  • 発火点: 452℃
  • 爆発限界: 2〜10 vol%(空気中)

有害性

  • 刺激
    • 腐食性: 眼、皮膚、気道に対して腐食性を示す
    • 刺激性: (該当資料なし)
    • 感作性: (該当資料なし)
  • 毒性
    • 急性毒性: (該当資料なし)
    • 慢性毒性: (該当資料なし)
    • がん原性: (該当資料なし)
    • 変異原性: (該当資料なし)
    • 生殖毒性: (該当資料なし)
    • 催畸形性: (該当資料なし)
    • 神経毒性: (該当資料なし)

環境影響

  • 分解性: (該当資料なし)
  • 蓄積性: (該当資料なし)
  • 魚毒性: 水生生物に対して毒性がある
関連するリンク
ICSC 国際化学物質安全性カード
関連する用語
脂肪酸
飽和脂肪酸
イソ酪酸

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club