通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

銀河座標

辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:ぎんがざひょう
外語:Galactic Coordinates 英語
品詞:名詞
2006/09/13 更新

天球上の天体位置を、銀河赤道と銀河中心を基準として表わす座標系。銀河系内の天体分布や運動を表わすときに用いられる。

目次

極座標系で、経度緯度をそれぞれ銀経(l)、銀緯(b)と呼び、単位は度数法角度で表わす。

銀経は0〜360°、銀緯は−90°〜0°〜+90°の範囲である。

銀経の基準は、いて座A*(Sgr A*)として観察される銀河中心の付近である。銀緯の基準は銀河赤道で、これは天の川の中心線にほぼ一致する大円である。

1959(昭和34)年に、銀河北極が赤経12h 49m・赤緯+27°24′、銀経の基準が赤経17h 42m 26.6s・赤緯−28°55′00″になるように規定された。

なおこれはB1950.0分点によるもので、現在のJ2000.0分点ではそれぞれ12h 51m 26.3s・+27°07′42″、17h 45m 37.2s・−28°56′10″となる。

基準点は銀経0°がおおよそ銀河中心の方向になるように定められたものであるが、実際の銀河中心は赤経17h 45m 40.0s・赤緯29°00′28″付近にあると考えられている。

関連する用語
赤道座標
天球
銀河系

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club